運営ポリシー

富田林市文化振興事業団について

事業団の概要

代表者 理事長 道簱安幸
名称 公益財団法人富田林市文化振興事業団
所在地 〒584-0084大阪府富田林市桜ケ丘町2番8号(すばるホール内)
連絡先 Tel. 0721-25-0222 Fax. 0721-25-0550
設立日 平成2年12月1日

公益財団法人富田林市文化振興事業団は、富田林市の文化事業の振興、科学知識の啓発を通じて、市民の皆様の豊かな文化活動と生涯学習の実施を目的として設立されました。 こちらでは、当事業団の設立目的・経営方針・組織図など基本的な概要を掲載しています。

設立の目的

近年、生活水準の向上や自由時間の増加に伴い人々は心の豊かさや、生きがいなど精神的な充実を求めるようになり、文化に対するニーズは高度化、多様化すると共に、文化活動も年々活発化しております。

設立の目的

一方、科学技術の発展はめざましく、経済社会の発展を支え、私たちの生活の向上に大きく貢献しておりますが、21世紀に向けてさらに飛躍的な進展が予想されております。

このような中で文化の薫り高い魅力あるまちづくりをめざす富田林市は、平成3年秋の開館に向け富田林市総合文化会館の建設を進めてまいりました。この総合文化会館は、子供からお年寄りまでの多くの市民が集い、芸術文化の鑑賞や創作活動などの文化活動の拠点として、また科学技術について体験学習し、科学する心を育む場として、積極的にその役割を担うことが期待されています。

このため、総合文化会館の運営にあたっては、専門的な知識と経験を有する人材が求められ、より柔軟で効率的な運営体制が不可欠であります。そこで、富田林市と密接な連携を保ちながら各種文化事業の実施や科学に関する知識の普及啓発を図り、もって個性豊かな魅力ある地域文化の創造および生涯学習の推進に寄与することを目的として、公益財団法人富田林市文化振興事業団を設立したものであります。

経営改革方針

設立趣意の目的を達成するため、多様化する市民ニーズに的確かつ迅速に対応し、芸術文化を身近に感じることのできるよう一層の効率的な運営を図り、事業内容や業務量に応じた適正で効率的な人員配置を行い、職員の意識改革や営業活動に積極的に取組み、人的資源の有効活用を行い、自主的・自立的な経営の確保に努めてまいります。

組織図

組織図

組織図

事業団役員名簿

理事・監事・評議員名簿

(平成28年6月11日現在)

役職名 氏名
理事長 道簱安幸
理事 秋本美知子
岡本重孝
京谷弘幸
玉宅英子
監事 今澤光男
評議員 浦野雅人
奥田章子
佐々田あけみ
笹原良貞
日比初子
祐村元人

ページの最初に戻る